毎月支払う賃貸物件の「管理費・共益費」の相場はいくら?

管理費・共益費 相場

賃貸物件には、家賃とは別に「管理費」「共益費」といった費用があります。普段はあまり意識しない方も多いかもしれませんが、いざお引越しになると、この管理費と共益費の金額が気になってしまうのではないでしょうか。

今回は、家賃とは別に設定されている管理費と共益費について、相場がいくらになっているのかをご紹介します。

そもそも賃貸物件の管理費・共益費とは

そもそも、管理費と共益費はどのような意図で支払う費用なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

管理費

マンションの事務を処理し、設備その他共用部分の維持及び管理をするために必要とされる費用をいい、共用部分の公租公課等を含み、修繕積立金を含まない。

参照:不動産の公正競争規約 不動産公正取引協議会連合会

具体的な例を出すと、徴収された管理費は以下のような費用に充てがわれます。

  • 建物の管理人を雇うお金
  • エレベータや廊下などの固定資産税
  • 共用部分の清掃代

共益費

借家人が共同して使用又は利用する設備又は施設の運営及び維持に関する費用。

参照:不動産の公正競争規約 不動産公正取引協議会連合会

具体的な例を出すと、徴収された共益費は以下のような費用に充てがわれます。

  • 廊下やエレベータの電気代
  • エントランスや廊下の電球代

管理費と共益費の意味合いは意外と曖昧

上記で管理費と共益費の違いについて述べましたが、実際は意味合いが曖昧になってしまっているケースがあります。

そのため、

  • 管理費→●●円
  • 共益費→□□円

ではなく、

  • 管理費・共益費→○○円

として徴収される賃貸物件をよく見かけるかと思います。しっかりと定義分けして徴収している賃貸物件に引っ越す場合には、

  • 管理費:物件そのものを維持
  • 共益費:共用部分を維持する

と捉えておきましょう。

賃貸物件の管理費・共益費の相場について

そんな管理費と共益費に、金額の目安となる相場はあるのでしょうか?

結論から言いますと、管理費・共益費は大家様や管理会社様が自由に設定できる金額であるために、明確な相場はありません。中には家賃の中に管理費・共益費が組み込まれており、管理費・共益費を別途で記載していないケースもあります。そのために、このエリアのこのタイプの建物であれば相場は○○円!といった判断は難しいでしょう。

ただ、古いアパートの建物であれば3000円前後、3~5階程度のマンションでは5000円前後、高層タイプのマンションなどでは1万円前後で設定されているケースを良く見かけます。

あくまでも、上記のような管理費・共益費の金額設定をしているお部屋をしばしば見かけるといったものであり、必ずその価格帯というわけではありません。ですが、参考程度には覚えていても良いと思います。

管理費・共益費の金額が高い賃貸物件の特徴

相場とは少し異なりますが、管理費・共益費が高く賃貸物件には特徴があります。管理費・共益費は建物内の各戸に振り分けられるため、戸数が少ない物件だと支払う金額も高くなりがちです。

また、共有部分が多い・広い(エレベーターの数や廊下・エントランスが広い)建物も、メンテナンス料が高くなるために管理費・共益費が高くなりやすいです。

上記のような特徴を持つお部屋を選ぶ際には、管理費と共益費が家賃に対してどの程度の割合でかかってきているのかを確認して見てください。

最終的なジャッジは総合的な家賃から!

管理費と共益費の相場について説明してきましたが、最終的に重要になるのは、やはり家賃と合算した総合的な賃料です。

管理費と共益費の高さ・安さでお部屋を判断するのではなく、総合的な賃料がご自身の生活とマッチするかを、賃貸物件を決める前にしっかりと確認しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です