引っ越し時に考慮しておきたい「満員電車での通勤」について

引っ越し 満員電車

引っ越しを考える時、重要になるのが立地。職場までの距離・エリアの賃料相場・飲食店やスーパーの数・交通の便などなど、エリアを選ぶ際の理由は様々だと思います。

そんな数多くの理由がある中でも、意外と軽視されがちなのが「通勤時の満員電車」です。通勤に満員電車を利用するエリアかどうかを把握しておらず、後悔する人は意外と多いんです。

およそ10人に1人は満員電車が原因で引っ越しをする?

満員電車と住まいに関するインターネット調査が行われた結果、なんと「通勤電車の混雑が原因で引っ越しをしたことがある」と回答した人は8.3%にも登りました。だいたい10人に1人は満員電車の苦痛から逃れるべく、お引っ越しをしているということですね。

また、「通勤電車の混雑が原因で引っ越したいと思った」と回答している人は33.2%おり、実際に引っ越せてはいないものの、満員電車が理由で引っ越したいと考えている人は全体の3割にもなるようです。

参照
『満員電車と住まいの関係』より
2017年8月25~26日
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に在住し電車を使って都内に勤務する20~69歳の会社員618人が回答
参照元アットホーム

引っ越しの際に満員電車を考慮しない人がほとんど?

同アンケート調査によると、引っ越しの際に「通勤時の混雑を考慮しなかった」と回答している人は75.1%にもおよんでいるよう。

みなさん意外と引っ越しの際に満員電車については考えていないようですね。

一方で次の引っ越しの際には「電車の混雑も意識して探したい」と回答する人が45.3%もいました。引っ越し後に通勤電車の混雑を体験して、次に家を探す際は混雑状況も考慮したいという考えなのでしょう。

ただし、部屋の広さや通勤時間の短さを天秤にかけると……

満員電車を打破したいと考える人が以外にも多いことは、アンケート調査によってわかりました。

ただしこのアンケート調査では、部屋の広さや通勤時間の短さを天秤にかけると満員電車を我慢する傾向があるという結果も出ているんです。

部屋の広さをとるか通勤の落さをとるか
→狭いけど通勤が楽派:61.0%

【A】間取り1R、広さ20㎡、会社から徒歩10分の部屋
【B】間取り1LDK、広さ40㎡、会社から電車で60分の部屋

Aが良い:28.0%
どちらかというとA:33.0%
Bが良い:13.4%
どちらかというとB:25.6%

通勤時間をとるか混雑具合をとるか
→満員電車で短時間通勤派:76.9%

【A】周囲の人に圧迫され、身動きできないくらいの満員電車に20分乗って通勤
【B】ずっと座り続けて、120分間電車に乗って通勤

Aが良い:28.5%
どちらかというとA:48.4%
Bが良い:17.3%
どちらかというとB:5.8%

上記二つの質問から、部屋は狭くても職場から近い方が良く、満員電車であっても職場に近い方が良いという傾向があることがわかります。

よりストレスのない住まい探しを!

満員電車でストレスを抱え込んでいる人が多い一方で、そのストレスがあっても職場への近さを選ぶ人もいることが良くわかりましたね。

実際のところ、満員電車の問題は難しいものです。通勤は、日々行われるものであるため、できる限りストレスのない方を選ぶことが重要です。

もちろん、満員電車を我慢しても近い方が結果的にストレスがかからない人は、職場の近くでお部屋探しをするべきだと思います。

懸念点は、思っていた以上に満員電車が苦痛すぎて、ストレスの幅が大きくなりすぎること。

現に、満員電車が原因で引っ越しをする人はおよそ10人に1人いるわけですからね。

引っ越し先のエリアを選ぶ際は「通勤時の混雑」が自分にとってどれほどのストレスになるのか、こちらを今一度考えてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です