【賃貸】お引越しをする際に加入する火災保険とは?

賃貸 火災保険

賃貸物件でお部屋を借りる時、加入する必要のある火災保険。火災保険はとても身近に存在する保険のため、多くの人は聞いたことがあるかと思います。

とは言っても、保険内容の細かい部分まで把握している人はあまりいないのではないでしょうか?引越しをする際は、必ずと言っていいほど火災保険の申込が絡んできますので、必要最小限の情報は知っておいた方がスムーズにいきます。

今回は、そんな火災保険の内容を、説明します。

そもそも火災保険とは?

火災保険は、一言で言うと「建物」と「建物の中にある家具や什器」などを補償する保険です。保険対象が「建物」と「家財」にあたる保険ということですね。

その名前の通り、火事で家が燃えてしまった時には建物に及んだ被害分に保険金が降ります。建物だけでなく、火事で壊れた家具などもですね。

ただ、火災保険は火事だけに対応した保険ではありません。火災保険という名前ですが、「落雷」「風災」「雪災」「雹災」「水災」「盗難」など、広い範囲で加入者を守ってくれます。

  • 落雷による損害(電化製品が壊れるなど)
  • 台風などによる風災(強風によって飛んできた瓦で窓が割れるなど)
  • 洪水による水害(床上が浸水する、排水管が詰まり床が水浸しになるなど)
  • 空き巣に入られたときの盗難

火災保険はあくまでも保険商材の一つであるため、補償金額や補償内容は加入するプランや保険会社によっても異なります。内容によっては「建物の中にある家具や什器」が一部補償対象外になっていることもあります。加入する補償プランを良く確認しておくが大事です!

また、最近の火災保険の保険商品では、突発的な事故まで補償してくれるものも増えています。子供が自転車で相手がたにぶつかってしまい怪我をさせた際の損害賠償料などがこちらにあたります。

火災保険の料金はいくら?

新しいお部屋にお引越しする際に、必ずと言っていいほど火災保険への加入が求められます。基本的には引越しの際にかかる初期費用に含まれており、不動産業者から料金を請求されることが多くなっていまが、入居者自身が火災保険の申込・料金の清算をすることもあります。

火災保険の料金は2年間の補償で、一人暮らしであれば1.5~2万円、二人暮らしやファミリーでの加入になれば2~3.5万円が平均的な相場となります。火災保険は2年ごとの更新が必要となります。更新料にも申込時と同額の料金がかかってきますので、覚えておきましょう。

ちなみに、火災保険の中には申込時に2年間分を支払うのではなく、毎月固定で料金を支払うタイプのものもあります。支払う料金は補償プランにもよりますが「1,000円/月」前後が多くなっているようですね。

実際にあった火災保険の補償例

自動車の車庫入れで車庫を破壊

損害保険金→車庫の修理代10万円
臨時費用保険金→10万円×30%=3万円
合計=13万円

小さいお子様が物を投げて家電を破壊

損害保険金→家電の修理費用14万円
臨時費用保険金→14万円×30%=4.2万円
合計=18.2万円

上記はあくまでも一例です。加入する火災保険によって補償内容・補償金額は異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です