【部屋の種類】間取りの見方を知っておこう!

部屋 種類

お部屋探しで初めに考えるべきことは、部屋の種類について。どんな間取りのお部屋を希望するかということですね。

物件情報を見ると必ず「1R」や「1LDK」といった間取りの表記が出てきますが、皆さんはこの数字とアルファベットの意味を正確に理解できていますでしょうか?

今回は、そんな部屋の種類や間取りの見方について詳しく解説していきます。

1、2、R、L、D、K……。その間取り表記はどんな意味?

物件情報に必ず表記されている数字とアルファベット。「1R」「2LDK」といった表記は、皆さんご存知だと思いますが部屋(間取り)の種類を意味しています。

頭についている数字は部屋の数を、アルファベットは部屋の形態について表しているんです。

  • R:ルーム
  • K:キッチン
  • D:ダイニング
  • L:リビング

キッチンは台所、ダイニングはご飯を食べるスペース、リビングは居間のことですね。ルームはちょっと特殊で、1Rとして文字通り一つの部屋のことを指します。部屋にドアや襖といった仕切りがなく、すべて繋がっている空間のことを指すので、中にはキッチンも含まれていますね。

基本的にRは仕切りがない一つの部屋だけの場合に間取りの表記で使用するものなの。なので、間違っても「2R」や「1RK」といった使い方はしませんので注意!

【間取り別】実際にある部屋の種類

数字やアルファベットの意味がわかったところで、実際に部屋の種類を見て行きましょう。

間取りの種類:1R

1Rとは、トイレ・お風呂・洗面所を除き、仕切りのない居室が一つだけある部屋の種類のこと。居室とキッチンの融合体の部屋がある間取りですね。

部屋数は1つと少なくなりますが、キッチンとの仕切りがない分、居室としてのスペースは広くなります。部屋全体での使用面積は他の間取りに比べて少ないため、家賃が安く設定されがち。ただし、部屋が一つしかないため、キッチンのある部屋で寝食をする必要があり、「水場にベッドや布団は嫌!!」という人には煙たがられる傾向があります。水場はゴキブリが出やすいですからね……。

仕切られず一体化している間取りなので、キッチンは安全を考慮した電気コンロ・IHコンロであることが多いのも特徴的です。

間取りの種類:1K

1Kは、4.5帖までのキッチンスペースにプラスして、キッチンとは隔離された居室が1部屋ある間取りです。キッチンと居室の間にはドアなどの仕切り戸がありますので、空間が完全に分断されています。

ちなみに、キッチンが独立しているように見えても、キッチンと居室を別ける仕切り戸がなければ1Rになります。

間取りの種類:1DK

1DKは、4.5~8帖のスペースが確保されたキッチン(ダイニングキッチン)に加えて、キッチンとは隔離された居室が1部屋ある間取りです。

DKは「Dining Kitchen」のことで、1Kとの違いはキッチンの広さだけです。4.5帖以下のキッチンで食事を取るのは広さ的に厳しいですが、4.5帖~8帖ともなればご飯を食べるスペースを確保できる、なのでダイニングキッチン!と覚えておけばOKです。

居室を寝室にし、ダイニングキッチンを食事をする部屋として完全に寝食を別けられる部屋の種類が1DKですね。

間取りの種類:1LDK

1LDKは、8帖以上の広さのあるキッチン(リビングダイニングキッチン)と1部屋で成り立つ部屋の種類のこと。一般的にこの間取りは2人で住んでも問題のない広さだと言われています。

LDKは「Living Dining Kitchen」の略称です。キッチンのある部屋が8帖以上あるので、食事スペースもOK、居間としてのスペースもOK。なので、キッチン+食事スペース+居間=リビングダイニングキッチン、ということですね。

要は、キッチンのある部屋がとても広いのでダイニングとしてもリビングとしても役割を果たせます、といったことをLDKというアルファベットで表記しているわけです。

間取りの種類:2K、2DK、2LDK

それぞれ上記の1K・1DK・1LDKの物件にもう1部屋加えた部屋の種類です。

2Kは、キッチンに加え、仕切りがしっかりなされている居室が2つあるタイプの間取り。2DKは、ダイニングキッチンに加え、仕切りがしっかりなされている居室が2つあるタイプの間取り。2LDKも、リビングダイニングキッチンに加え、仕切りがしっかりなされている居室が2つあるタイプの間取り。

二人暮らしや同棲などで好まれる部屋の種類となっています。

間取り表記の「S」ってどんな部屋?

上記で説明した部屋の種類以外に、「1SLDK」「2SDK」といった間取りを見かけたことはありませんか?

このSという表記、実は納戸のことを指しています。言ってしまえば物置ですね。納戸は、建築基準法上の採光・換気の基準を満たしておらず、窓のない部屋として確立しています。この納戸のことを「サービスルーム」として間取りに取り入れたものがあの「S」に当たるんです。「service room」の頭文字を取ってS。

納戸って表記するとなんだかかっこつかないと考えた業者が生み出した、スタイリッシュ表記だったんです。ちなみに、物件情報でSのついた間取りが記載されている場合、必ず「Sとは納戸のことを指します」と言った文言が注釈されていますので、気になった方は一度確かめて見てください。

暮らしに合わせた間取り選びを!

キッチンと居間を離したいなら1Kや1DK、二人暮らしを考えているのであれば1LDK以上など、部屋の種類・間取りは部屋探しでとても重要!

間取り表記を正確に理解して、自分の暮らしにあったお部屋を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です