壁の落書き汚れを綺麗に落とす方法とは?

落書き汚れ

子どもがいらっしゃる家庭では、壁に落書きをされて困っている状況が良く見られます。

クレヨンや色鉛筆、ボールペンにマニキュアなど様々なタイプの落書きに対して、汚れを落とすためにはどのようなアプローチをしていくのが正しいのでしょうか?

手っ取り早く汚れを落とすのなら?

落書き汚れは落書きに使用された筆記用具とによって洗浄方法が少しずつ異なってきます。

ですが、共通して言えることは、基本的にその筆記用具に特化した汚れ落とし商品があること。手っ取り早く洗浄するのであれば、こういった市販商品を使うのが一番です。

クレヨンでしたら油性の「落書き落とし」、ボールペンは「ボールペン消し」「インキ消し」、マニキュアだったら「マニキュアリムーバー」など。

こういった商品は、各筆記用具の成分にそって汚れを落とすように作られているので、洗浄に効果的なのは言うまでもないですよね。

もちろん、壁(クロス)の種類やその劣化具合で汚れの落ち方にある程度の差は出るため確実に落ちるとは言えないですが、それでもほとんどの汚れはカバーできるでしょう。

ただ、このような市販の汚れ落とし商品で気になるのは、洗浄に使われる主成分がわかりにくことです。各々の商品で使用される成分が違うため、通常の洗剤と比べて安全性がわかりにくいとも言えますね。

小さいお子さんがいる家庭では、成分の安全性は特に気にしたいところだと思います。

安全に落書き汚れを落とすには?

先ほども述べましたが、綺麗に落書き汚れを落とすのでしたら、落書きに使用された筆記用具に対応する汚れ落とし商品を使うのが一番です。

仕上がりは二の次で、できるだけ安全に落書き汚れを落としたい場合は、メラミンスポンジを使った方法があります。

100円ショップなどで購入できるメラミンスポンジを小さくちぎり、水軽くで湿らせて少しづつ汚れを擦り落としていくのです。水性ペンのなどの落書き汚れであれば、この方法だけでも十分に綺麗にすることができます。

湿らせたメラミンスポンジの擦りでは落ちない落書き汚れには、マニキュアリムーバーかオレンジオイルを主成分にした油性の洗浄剤を使用します。

この二つには油性の汚れを溶かして落とす効果があるので、水だけで落とせなかった落書き汚れにも効果的です。

ちなみに、油性のボールペンには消毒用エタノール、色鉛筆やクーピーなどのプラスチック色鉛筆でできた落書きは消しゴムが最適です。消しゴムを使うときは力任せにこするのではなく、狭い範囲で少しづつ試して見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です