賃貸物件のお部屋探しには4つの方法がある?

賃貸 お部屋探し

今回は、賃貸物件を探す際にはどのような方法があるのか、または、どの方法が自分に合っているのかをまとめました!インターネットを介する方法と、直接的に自身が動いて物件を探す2点に絞ってまとめましたので、これからお部屋を探そうと考えている人はぜひ参考にしてみてください!

【インターネットを介して物件を探す方法】

①ポータルサイト

大手企業などが運営をしている、suumo、ホームズ、アットホームなどの、物件探しに特化した検索サイト。

こんな方におすすめ

  • 初めて物件を探す、または目当ての物件がない方
  • お気に入りの不動産会社などが特にない方
  • いきなり不動産会社に行くのは不安があるという方

ポータルサイトは、 iPhone、Androidなどのスマートフォンでも見られるようにアプリケーション化しているものが多いため、手頃に物件を探すことができるの特徴を持っています。

日本全国の物件の中から、自分の好みや希望条件にマッチした物件を探し出せる上に、PCやスマートフォンからどこにいても物件情報を確認できるため、いちいち不動産会社に行かなくても済むのも魅力的なところ。

ただし、中には来店させることを目的として、実際には存在しない物件(オトリ物件)を掲載する不動産会社も存在するため、掲載されている情報は100%信じられるものではありません。

②不動産会社ホームページ

各不動産会社が自社で扱っている物件をピックアップして載せている。

こんな方におすすめ

  • 既に入居している物件の感じが好きだという方
  • シリーズ化しているブランド物件に目星を付けている方
  • 案内してもらった不動産会社の雰囲気が好きだったという方

不動産会社のホームページは、各不動産会社が手がけているシリーズ物の物件一覧をエリアに分けて探せたり、不動産会社の社風に沿った物件が掲載されていたりなどの理由から、物件の好みが確定している人には比較的利用しやすいものとなっています。

ただし。lポータルサイトと比べて物件数は多くないため、目当ての物件が定まっていない人の利用には向かない傾向があります。

【直接的に物件を探す方法】

③不動産会社訪問

不動産会社専用のネットワークで、希望に沿った物件を提案してもらえるのが不動産会社に訪問する方法です。予め自身の希望を伝えることによって、プロの目線で選定した物件を提案してもらえるのが大きな特徴。広告媒体に乗っていない物件を提案してもらえる可能性もあるので、掘り出し物が見つかることも!

ただし、店舗の窓などに張り出している物件で、オトリ物件として出している不動産会社も多く存在するため、不動産会社の評価もリサーチした上で来店しましょう。

④知り合いの物件オーナーから物件を紹介してもらう

物件を所有している知り合いのオーナーから直接物件を紹介してもらう方法もあります。相互の需要がマッチしている場合には、スムーズに契約することが出来るのが魅力的なポイントです。また、直接のやりとりが可能なので、条件に関して最も交渉がしやすいと言えるでしょう。

ただし、オーナーが多くの物件を抱えていない場合は、探している希望条件に合う物件が極めて少ないデメリットがあります。

まとめ

賃貸物件を探すには様々な方法が存在しますが、スマートフォンなどの普及により、不動産業界にもある程度ネット社会に広がりました。現在では、便利な賃貸物件検索サイトが多く存在しますので、まずアプリにて物件を検索し、自身の条件を確定または再確認する方法をおすすめします。

ただし、サイト上には多数のオトリ物件が存在していますので、本当にその物件があるのかどうかについては不動産会社にちゃんと確認してもらいましょう。その際にもし、その物件がちょうど埋まったという理由で、オトリ物件の可能性の話をしない不動産会社なら、今後物件調査を依頼するには適さないと判断できますね。

良い不動産会社様の見極めも分かり、その物件も物件も無いと判断できますので、ぜひ上記の方法を試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です