腐食の原因に?ベランダ・バルコニーのコケを綺麗に落とす方法

ベランダ コケ

ベランダやバルコニーのついているお部屋の方は、日の当たらない部分にコケが繁殖していませんか?マンションや一戸建てに関わらず、ベランダ・バルコニーの手すりの裏、排水溝周辺、外壁や堀の裏側など。

なんとなく汚れてきたなぁと軽い気持ちで放っておくと、ちょっとやそっとでは落とせない灰緑色の汚れにまで成長してしまいます。

カビと違い光合成して成長するコケ

ベランダやバルコニーにできる汚れは、基本的に「カビ」や「コケ」、「藻」といった生き物の繁殖に伴ってできるものです。やっかいなことは、コケや藻が汚れの中に混っていること。

コケや藻は光合成を行い、成長しながら壁に強力に粘着していきます。カビにも同じことが言えますが、根を張るように成長して行くためとにかく汚れが落ちにくくなります。カビと違って日の当たるところでも増殖を繰り返して行くので、日陰以外にも気を遣わなくてはなりません。

こういったコケや藻が混じっている汚れは、見た目が汚らしいこと以外にも、建物を守る塗装を腐食させてしまう危険性があり、放置することはおすすめできません。

塗装や外壁が剥げたり朽ちたりすることを助長させてしまいます。場合によっては、建物の構造まで侵しかねません。

ベランダのコケを綺麗にするには?

見た目だけではなく、建物を腐食させる点でもデメリットがあるコケや藻は、洗浄剤を塗って始末していきましょう。特に、カビ・コケ・藻が繁殖した壁面・排水溝はすぐに対処しておいた方が良いです。

基本的には、塩化ベンザルコニウム(逆性石鹸)を主成分とした地衣植物除草用のクリーナーを吹き付け、汚れの箇所に塗りつけます。そのまま様子を見つつ、放置しておくのが最も簡単かつ効果的な除去方法です。

噴霧・塗布後はそのまま何もせずにしておくのがポイントです。作用した成分がコケや藻などの細胞を変性して殺し、汚れは自然に落ちていきます。即効性はあまり期待できないので、時間をかけて落とすようにしましょう。

ちなみに、地衣植物除草用のクリーナーは市販で一般購入ができますが、塩化ベンザルコニウムは主に医療用消毒液として薬局などでも販売されています。ただし、コケや藻を落とすためにはその10~100濃い濃度で使用しなくてはなりませんので、そのまましようしてもあまり効果はでないようですね。

ベランダのコケは力任せには落とさないように!

コケや藻の汚れは、力任せにタワシなどでこすったり、高圧洗浄のような道具を使っても、根を張ったこれらの汚れは中々に落ちません。

むしろ、塗装や設備を傷めてしまう恐れがあるので注意が必要。特に高圧洗浄は、煤煙であれば効果的に汚れを落とせますが、コケや藻にはあまり効果を出しません。

すぐに汚れを落とそうとして焦るとマイナスに働くので、しっかり根元から除去していくように除草剤を利用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です