駆除代金は借主の負担?賃貸物件での鳩被害の対処法について

賃貸 鳩被害

賃貸物件の借主にとってベランダにやってくる鳩は害獣そのもの。鳩の糞や鳴き声による被害は、その物件に住む住民全体の大きな問題と言っても過言ではないでしょう。鳩被害に合った場合、駆除にかかる費用は貸主に請求することができるのでしょうか?

賃貸物件の鳩被害について、詳しく解説していきます。

ビルやマンションで増える深刻な鳩被害

ビルやマンションなど、ベランダや外階段に飛んでくる鳩の被害は、大きな賃貸トラブルとして問題視されています。ひどい悪臭・うるさい鳴き声・干せない洗濯物・糞やダニによるアレルギー症状など、鳩による被害は住人にとって軽視できないものばかり。

伝書鳩でも知られるように、鳩は同じ場所に戻る性質があることから、一度被害にあった場合には何らかの対処をすしておかないと、何度も被害を受けることになります。また、被害を放置しておくと、最悪の場合鳩に巣を作られてしまい、簡単には駆除ができなくなってしまうことも。

鳩の被害レベルについて

日本鳩対策センターでは、鳩の被害は4段階のレベルに分けられ、それぞれの段階に応じて対処方法が変える必要性があるとしています。

鳩被害レベル1 休憩鳩

鳩による被害が一番少ないのが、レベル1に該当する休憩鳩です。
日中の比較的明るい時間に、文字通り移動中の羽休めとして鳩が休憩しに来ます。被害の内容としては、鳴き声による「騒音被害」や「糞による軽度の汚れ」が中心ですね。

羽休み程度のため鳩の滞在時間は短いとされていますが、この段階で早めに対策をしなければ、鳩が安全な場所として認識してしまうため、被害は拡大していきます。

鳩被害レベル2 待機鳩

休憩鳩が「ここは安全」として安心できる場所と認知すると、レベル2の待機場へ被害レベルは拡大します。
レベル2になると、鳩はえさの拠り所や仲間との合流場所としてその場所に定住を始めてしまいます。

滞在時間が長くなることから糞の量が増加し、抜けた羽も目立つようになります。

鳩被害レベル3 ねぐら鳩

本格的に安全な場所と鳩の認識が進行すると、ベランダの室外機の裏などが鳩のねぐらにされてしまいます。
ねぐら鳩による被害は深刻です。明るい時間から夜までの長時間滞在によって、騒音被害・大量の糞による被害は今までと比べ物にならないほど悪化します。

鳩被害レベル4 巣作り鳩

ねぐら鳩を放置すると、巣作り鳩に発展します。こうなってしまうと、帰巣本能・縄張り意識によって、鳩は簡単には出て行かなくなります。駆除にかかる労力もさることながら、レベル3と同様の騒音や糞による被害も深刻です。

一般的に鳩被害は家主の責任にならない?

鳩を駆除する際にかかった費用は、貸主に請求することができるのか、気になるところ。被害を受けた借主からしてみたら、せめて駆除費用は支払ってもらいたいですよね。

しかし残念なことに、一般的に鳩のような害獣トラブルは部屋を借りている借主が対処をし、貸主は責任を負わない実情になっています。鳩に限らず害獣・害虫の問題について、多くの場合で貸主は対処を行っていないようです。

ゴキブリやダニの駆除が借主負担のように、飛来してくる鳩も同様に考えられているわけですね。また、ベランダやバルコニーは借主が専用的に使用していることから、綺麗に管理して利用する義務が生じます。このことも、貸主の責任にならない理由の一つになっているようです。

鳩被害の対処法について

鳩による被害が発生した場合には、以下のような対処法が効果的です。どれもすぐに行うことができるので、参考にしてみてください。

  • 偽物の蛇を置く
  • スパイク(針山)を室外機の上に置く
  • 手すりにテグスを張る(鳩がとまった場所の首の位置)
  • タバコの葉やトイレの芳香剤・漂白剤や木酢液などをまいたりスプレーする
  • 掃除を小まめにしてベランダの物を少なくする

鳩をそのまま放置していても被害は悪化するだけです。鳩による被害は思っている以上に深刻なことを念頭に置いておきましょう。特に小さいお子様がいる場合は、クリプトコックス症や鳥インフルエンザなどの深刻な感染病を引き起こすことも考えられます。

上記のような対処法はもちろんのこと、鳩の被害が止まらないようであれば駆除業者に頼むことも検討してみてください。もちろん、管理会社や大家さんと相談することも忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です