時期を選べば引っ越しの費用が安くなる!閑散期の見極め方とは?

引っ越し 時期

引っ越しの時期を見極めることでどういった変化が起こるか、皆さんはご存知でしょうか?結論から書きますと、引っ越しの時期を見極めると、引っ越しにかかる費用が大幅に変わります!

今回は、引っ越しの際にかかる費用にフォーカスをあてて、お得な引っ越し時期の選び方を詳しく紹介していきます。

引っ越しの時期を変えるだけで、どうして費用が変わるの?

一般的なお部屋探しの繁忙期は10月〜3月と言われており、地方から上京されてくる方も1年を通して一番多い季節となっています。その理由は、新入学や就職が大半をしめており、単身者向けのワンルーム、1K、1DKの間取りのお部屋が非常に多く移り変わりをします。

お部屋の移り変わりが多く、引っ越しの数も多く、それにともない引っ越し業者の予定が埋まってくると、必然に料金が上がってしまうというわけですね。この一連の流れが毎年繰り返されています。

閑散期と繁忙期で引っ越し業者で見積りをとった具体例をあげますと、

  • 繁忙期:140,000円
  • 閑散期:43,000円

といった会社がありました!繁忙期と閑散期という時期の違いだけで、【97,000円】も値段が変わるというのは、純粋に驚きだと思います。

月初と月末でも引っ越しの費用が変化する?

また、月の中でも料金が変動する場合もあります。こちらに関しては、差分は大きくありませんが、月初から月末へかけて料金が上がるという傾向があります。

これは、前に住んでいたお部屋との兼ね合いも考え、月末に引っ越しを行い、月初より新生活をスタートされる方が多いためですね。

初期費用を安くするなら、いつ引っ越しをするのがベスト?

引っ越しの際に、ほとんどの方が利用される引っ越し業者。料金を気にした際に、いつが一番料金を抑えられるのでしょうか。

引越し業者の繁忙期、閑散期は以下の通りです。

  • 繁忙期:3・4・6・10・12月
  • 閑散期:1・2・5・7・8・9・11月

引っ越し業者により、多少は繁忙期、閑散期は異なるようですが、平均的には上記の月のように変動をするようです。結論として言えることは、料金を抑えて引っ越しを行うのであれば、閑散期である1・2・5・7・8・9・11月を狙うのが良いということです!

ただし、繁忙期や閑散期、月初や月末以外にも、夏休みや冬休みなどの長期休暇なども値段が上がってしまう時期になるため、その点は注意が必要です。どうしても繁忙期にしか引っ越しができない場合は、数ある引っ越し業者の中から、できるだけ多くの引っ越し業者より見積りを出してもらうようにしましょう。

引っ越し業者は、引っ越し料金の定価が定まっておらず、時期的な要因や運ぶ荷物量、荷物を運ぶスタッフと移動距離で判断されるため、沢山の引っ越し業者より見積りをとることで、業者によって異なる料金企画で価格に大きく差が出てくるはずです!

実際に、繁忙期に引っ越しをされた方のお話を聞いても、沢山の見積りを取った方と1箇所からしか見積りを取らなかった方とでは、金額に大きな差がついたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です