シングルマザー向けのシェアハウスが母子家庭を支援?

シングルマザー シェアハウス

離婚率が約30%と高水準で推移している中、シングルマザー向けのシェアハウスのニーズが増大してることをご存知でしょうか?

通常の賃貸物件よりも安い賃料で住むことができ、子育ての相談などを他の入居者に相談できるなど、母子家庭にとってのメリットは大きなものとなっています。

シングルマザー向けシェアハウスの特徴

物件によって異なる部分はありますが、シングルマザー向けのシェアハウスは通常のシェアハウスと違って以下のような特徴を持ちます。

  • 食事の提供される、リビングに食堂がある
  • 小さい子供が遊べる広場がある
  • 礼金や敷金などがかからず初期費用が安い
  • 賃料が通常の賃貸物件よりも安い
  • 共益費に光熱費や食事代などが含まれる
  • シッターによるチャイルドケアサービスがある

賃料が安く設定されていることに加えて、共用部分に子供同士で遊べるスペースがあることやチャイルドケアサービスが付いていることなど、シングルマザーにとっては嬉しいメリットだと思います。

チャイルドケアサービスは物件によって内容と頻度が異なります。週に1度、シッター(チャイルドケアワーカー)が訪問し、食事を作ったり子供の面倒を見たりすることが多いようですね。シッターの滞在時間は3~6時間が平均的となっています。母親にとっては、子育て以外の時間を確保できるため、仕事や自身のプライベートを作れる良い機会ですね。

子供同士の交流スペースがあれば、仕事で帰りが遅くなった場合でも子供に寂しい思いをさせることも少なくでき、一人にしないことで母親自身も安心できます。入居者全員がシングルマザーだからこそ、子供の孤食をなくすことにも繋がる交流スペースは有効活用すべきでしょう。

年収350~400万円の母子家庭をターゲットにしたシェアハウス

東京都杉並区の阿佐ケ谷駅近くにある「ペアレンティングホーム阿佐ヶ谷」は、シングルマザー向けのシェアハウスです。住人はシングルマザーを含めた女性に限定され、「子育てと仕事を楽しく両立するシェアハウス」をコンセプトに母子家庭を応援しています。

母親の自由時間が作られるサービス面から、ペアレンティングホーム阿佐ヶ谷は仕事のキャリアアップと子育てにも手を抜きたくないというシングルマザーからの入居希望が殺到しており、シングルマザー向けのシェアアハウスとして注目を浴びています。

この物件の家賃は共益費を合わせて10万円から。年収350~400万円の母子家庭をターゲットにしており、初期費用は無料です。とにかく現状から脱却するために住環境を変えたいと考えている人にとって、都合の良い物件でしょう。

チャイルドケアサービスは週に1回で金曜日の夕方から夜にかけて行っており、チャイルドケアワーカーが訪問して4時間ほど滞在します。主に食事の提供と子供の面倒を見てくれるようで、忙しい週末にはとても助かる内容ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です