光熱費が0円?省エネと創エネを実現するゼロエネルギーハウスとは

ゼロエネルギーハウス

現在、不動産業界で注目を集めている「ゼロエネルギーハウス」。住宅から出る熱などのエネルギーを大幅に省きつつ、同時にエネルギーを創る仕組みから、なんと光熱費を実質0円にすることが可能とのこと。

そんな気になるゼロエネルギーハウスについて、今回は詳しく解説していきます。

ゼロエネルギーハウス(ZEH)とは?

ゼロエネルギーハウスとは?

Photo by panasonic

ゼロエネルギーハウスは、正式には「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)」と称され、スペルを省略してZEH(ゼッチ)と呼ばれます。

ゼロエネルギーハウスは、以下のような住宅を意味しています。

外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅

引用:経済産業省 資源エネルギー庁

ゼロエネルギーハウスとは?

Photo by 経済産業省 資源エネルギー庁

ゼロエネルギーハウスは、一言で言い表すなら「エネルギー収支をゼロにするエコロジーな住まい」です。

高い断熱性能をベースに快適な室内環境を整え、効率良くエネルギーを利用する設備にて「省エネ」を実現。さらに、太陽光発電・蓄電池などによる「創エネ」も組み込まれているため、自宅で消費するエネルギー量と自宅で創出するエネルギー量が差し引きして概ねゼロになります。

換気・空調、照明、給湯の省エネアイテムと、夏は涼しく冬は暖かい断熱性能で、従来の住まいよりも電気の使用が少なくなり、光熱費は下がります。加えて、晴れた日に蓄電したエネルギーを売却することで、実質の光熱費を0円にできるわけですね。

光熱費を抑える点以外にも、快適な暮らしにもゼロエネルギーハウスは貢献してくれています。例えば、ゼロエネルギーハウスは断熱性能が優れているために、家の中での温度差を小さくし、結露やカビの発生を抑えてくれます。

~ゼロエネルギーハウスの特徴~

  • 日射遮蔽
  • 高断熱窓
  • 高効率証明
  • 高効率空調
  • 省エネ換気
  • HEMS
  • 高効率給湯
  • 高断熱仕様
  • 太陽光発電

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現する」という政府目標を掲げており、地球温暖化ガスの排出量削減を実現する住宅の省エネルギー化を、最重要課題の一つとして位置付けています。

参照:経済産業省 ZEHゼッチロードマップ検討委員会とりまとめ

ゼロエネルギーハウスの補助金について

これから建てる家にZEH仕様を導入しやすくするよう、国は補助金を出しています。ゼロエネルギーハウスの補助金政策は2012年から開始され、これまででおよそ8,500組の方が補助金を受けてZEH仕様の家を建ててきました。

補助対象となる住宅基準

ゼロエネルギーハウスの補助対象となる住宅基準は以下の通りです。※以下申請者とは、新築住宅の建築主・新築建売住宅の購入予定者・既存戸建住宅の所有者を意味します。

  1. 申請者が常時居住する住宅
  2. 専用住宅であること
  3. 既存戸建住宅の場合は、申請時に申請者自身が所有していること
  4. 新築建売住宅の場合は、申請者は建売住宅の購入予定者であること
  5. 賃貸住宅・集合住宅は対象外

引用:一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)

具体的な補助金学

  1. 補助対象住宅
    一戸あたり 定額 75万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)
  2. 蓄電システム
    補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、補助金額を以下のとおり加算します。
  • 蓄電システムの補助額 : 初期実効容量 1kWh当たり4万円
  • 蓄電システムの補助額上限 : 補助対象経費の1/3または40万円のいずれか低い金額

引用:一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)

環境省がゼロエネルギーハウス体験で宿泊者を募集?

環境省は、高断熱・省エネ住宅の良さを広報・普及することを目的にした「ゼロエネルギーハウス体験」を平成29年12月15日から平成30年2月24日まで実施していました。

COOL CHOICE ZEH宿泊体験事業

すでにこちらの宿泊体験は終了してしまいましたが、こういった体験イベントは、これからゼロエネルギーハウスの購入を検討している方や、省エネ住宅に興味のある方には、実際に住まいの快適さを肌で感じられるため打って付けですね。

ゼロエネルギーハウス賃貸の普及について

ゼロエネルギーハウスを知っていく上で、「ZEH仕様の賃貸物件はあるの?」と感じる方も多いと思います。

ゼロエネルギーハウスは、戸建住宅では徐々に普及され始めているものの、賃貸住宅での普及は滞っており、まだまだ採択数は少ない現状です。
賃貸住宅での普及が難航している理由は、オーナーと入居者のニーズの違いにあると言われています。

オーナーは快適性より経営面を優先するため、建築費を抑えて賃料はできる限り高く設定したいと考えます。一方で、入居者は快適な住まいに安く住みたいと考えます。

この考えのギャップが、ゼロエネルギーハウス賃貸の普及を滞らせています。

ゼロエネルギーハウスは建築構造と省エネ設備の導入から、どうしても賃料の設定を高くしなければならなくなり、高い賃料から入居者も敬遠しがちになってしまうのです。

家賃を基準に部屋を決めるのではなく、生活費全体で考えるようなになり、家賃の高さが光熱費の安さで相殺できることを入居者が知るようになれば、ゼロエネルギーハウス賃貸の数は増えてくるかもしれませんね。

ゼロエネルギーハウス賃貸の普及は滞っているものの、平成29年の6月に積水ハウスが金沢で初の全戸ZEH賃貸の発表を行ったほか、同年の11月には大東建託が伊豆市にZEH基準を満たした賃貸住宅を完成させるなど、徐々に動きはでてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です